スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
特大プラバン
 

最近暇があまりなかったので久しぶりの更新。
ろはすの授業は学校でなくてよいので思いっきりプラバンしました。

今日はB4サイズのプラバン一枚つかいました。
・小さいプラバン×4
・正方形の特大プラバン
できました。









タマゴ
・やする
・水性サインペンすりこむ
・カッターで模様を彫り込んでみた


エダマメ
・やする
・カッターで全面に模様を彫り込む
・カッターの傷にすりこむよう色鉛筆で塗る。


浸食
・やする
・穴開けパンチで穴開ける
・浸食っぽく色鉛筆で塗る


キソデのこがすきそう
・やする
・切れ込み入れる
・色鉛筆で模様塗る












小さいプラバンについては結構今回いろんなことに挑戦できてよかった。
いろいろまた次に繋がりそうなことが分かった。

・タマゴは写真は盛れてるけど実際はひどい。
焼くと思いのほか水性サインペンの発色が悪くて汚い。
彫り込みもいまいち目立たなさすぎる。もっといい使い方がある。

・エダマメはタマゴの反省を活かして、テクスチャっぽく彫った。
さらにきずに色を定着させてみた。
遠目はきれいだけどちかくでみるとしょぼいしゴミっぽい。
彫り込みは難しい。

・浸食はちょっと形と色が悪かった。円形の形にして、パステルの気持ち悪い色合わせで
塗ったら良くなりそう。不思議な立体感がでてておもしろい。

・キソデは意外とかっこ良くなった。切れ込みをいれるとぐちゃぐちゃに縮むことが分かった。あとぐちゃぐちゃなかたちと模様があってた。色の発色も良い。
もっとおおきいのを作ってみたい。
写真うまくとれた。






特 大 プ ラ バ ン

・やする
・シャーペンで模様





全体







でっかいオーブンでやったら失敗した。
120度コンベックで途中からもう縮み始めたので意外と低い温度で大丈夫そう。
結果は曲がってしまったけど意外とそれがきれいに見える。
シャーペンをつかったのもよかったのか線が細くてきれい。
いろんな固さの鉛筆を試したり、もうすこしおおきいのをやってみたい。


test comments(0) trackbacks(0)
テクスチャ


目的
・きれいに見えるテクスチャの大きさ
・プラバン映えするテクスチャ探す





色鉛筆は青に見えますが緑っぽい色です。
左上から右に

①鉛筆の腹で塗る     ②ハッチングもどき       ③小ドット
・しょぼそう        ・よさげ             ・有力候補NO.1

④細胞くん        ⑤細ボーダー          ⑥もじゃもじゃ
・気持ち悪くなりそう     ・しょぼそう           ・気持ち悪くなりそう

出来上がりの予想はこんなんでした。







できた!
全体的に前回よりもいい感じ

⑥もじゃもじゃ
・すごいけど若干うるさい
・よくわからん

⑤細ボーダー
・普通
・手書き感かわいい
・もう少し間隔あけたらかわいい
・形とかを工夫したらかわいいのができそう

②ハッチングもどき
・思ったよりキレイ!
・線が焼く前よりはっきりしてきれい
・いっこいっこのタッチの大きさがちょうど良かった
・遠くからみても程よい透け感のある。
・作業が楽

③小ドット
・気持ち悪い
・ドットの大きさが小さすぎた
・遠目はさらに気持ち悪い
・時間かかった

①鉛筆はら
・思ったよりキレイ
・プラバンの透明感にあう
・寒色系だと水とか氷みたいでキレイ
・遠目がきれい
・ちかめはチープ

④細胞くん
・なんかおもしろい
・個性的
・テキトーにやった感じがいい感じの手書き感になってる
・アクセサリーとゆうよりストラップ向け





前回の
やっぱせっかく鉛筆で書けるから
べた塗りよりも若干すかすかのほうがきれいだと思った
あと裏薄く色、表違う色で模様とかやりたい





おまけ



どれだけ小さくなるか!
かす共




小さい!繊細だー
なんかまるくなってかわいい







test comments(1) trackbacks(0)
濃度の違い


目的
・濃度の違いが加熱後にどう現れるか
・縮小率








濃度の段階は5段階です
濃度1はけっこう鉛筆のタッチみえみえですかすかです
濃度5はタッチが見えずべた塗り系です
どっちがきれいかなー



加熱のときつるつるがおもてになるようにしました。
そうするとキレイ!



加熱後の変化
 ・色が濃くなる
 ・表と裏で触覚がちがう
 ・厚さが出るため絵が浮き出る

濃度の違い
 濃度1、2
  ・タッチがはっきり見えておもしろい
  ・安っぽい
  ・透け感、半透明感はきれい
 濃度4、5
  ・クレヨンぽい
  ・重め
  ・色がきれいに出る
  ・色ガラスのよう
 個人的にはどっちの要素もある3が好き。
 でも作りたいものにあわせて塗り方をかえていけば良さそう

縮小率



5cm×5cmが
2cm×2.25cmになりました
縦と横で縮小率が違う
縦は0.4倍横は0.44倍の縮小
厚さは三倍にはなってる
精密なものを作るとなるとたいへんだー


★おもしろかったこと
鉛筆の線が偶然入ってっちゃったのが意外といい
鉛筆の線はシャープで繊細にでるので細かい模様とかイラストとかを描いたら
ゆるいかんじのかわいさでそう!

★感想
いろいろ分かってよかった次はタッチをかえてみるとか
応用して鉛筆実験したい
あといろんな画材も試したい、絵の具とか



MEMO
切り口をちぎった感じ
断面に模様




test comments(1) trackbacks(0)
| 1/1 |